あの夏で待ってる #12「あの夏で待ってる。」【終】

「謝ったら駄目です。みんな先輩の願いを叶えたいんです!」、そして「本当にあった…」と辿り着くのは、一人では叶える事が出来なかった願い。でも、希望であった痕跡は現存しないのか…。「私は海人くんをずっと好きでいます。だから、ずっと好きでいてね」「はい、誓います」、もう一度言ってと頼んだら、強くなって返って来た。エピローグで、映画の中のイチカがお土産の衣装を着て湖に居るのは、戻ってきたということなんだろうけど、どうやって、解決したのか想像に任せたのかな。MIBが実在したのも然ることながら、檸檬先輩は何者だったのだろうか…