逆境無頼カイジ 破戒録篇 #7「魔法の賽」

「俺が倒したいのは腰巾着ではなく、暴利を貪る狸、あんたなんだよ!」、カイジvs班長カイジの強気に、「こいつ、気付きよったか!」、イカサマシゴロ賽を引っ込める班長だけど、この読み合い・心理戦を含めてが勝負なんだよなー。モノローグがずっと続くことで、防戦に回ることになった班長の心境変化がわかるのね。動かないカイジを見て気付いていないと判断する班長! イカサマ発動での運命の三投目を途中で攫うとは、確信がなければ出来ない大胆な行動が度肝を抜く!