獣の奏者エリン #17「狙われた真王」

国を武力で守っている大公を王に据えたいというサイガムルという組織があって、情勢は穏やかではないが、真王の生誕祭。「私はこの国が好きよ…」、シュナンは桜舞い散る庭園で逢引とは幻想的でやるなーと思ったら、半分政治話だった。恋愛の情をダミヤが見逃すワケもなく、相変わらず食えないオジサマだ。イアルは諜報だけでなく護衛としても凄腕だったが、他の警備兵は何やってるの!