『金色のコルダ 〜Primo Passo〜』(第12話)

ウザイ、コンクール辞退しろと問い詰め柚木に戸惑う香穂子。暴力でなく精神攻撃なことと、香穂子が後ろめたい部分から真面目に悩むので、柚木がギリギリで嫌なヤツレベルに留まるサジ加減。一応、嫉妬もあるのかも。火原のオケ部見学招待では、ちゃっかり柚木を巻き込んでいる香穂子の計算も中々のもの。王崎の優しい音と助言で、大切なことは皆が楽しんでくれること、自分のことだけ考えるのではダメだと悟って立ち直り。冬海以外の後輩にも慕われる香穂子は、確実にスキルアップして耳も肥えてるからこそ悩めるのだろう。今回もリリは助けてくれないようだ。