『護くんに女神の祝福を!』(第3話)

護の母妹登場。妹(清水愛)は裸で護部屋をウロウロするが別にエロくない。護の歓迎会、絢子邸にて罰ゲームを賭けてカクレンボを(家主に無断で)決行。作戦行動中も施設を勝手に動かしてるなー。生徒会ってもしかして暇? 遊戯するなら絢子のドレス正装は不要。祖父が元総理大臣で金銭的に恵まれるが、能力のため両親と絶縁状態で幸せとは言い切れない絢子の境遇。始めに、彼女のことを何も知らないフリがあったので、ある程度予想はついた。ビアトリス能力者のおじがポイントかな。こやまきみこの「あうえう〜」を聴けて満足。棒読み芝居とかバレバレでベタだが、「好き」というものは良い、ん。